DAVtype
革新的な冷却方法がもたらすブレーキングアドバンテージ
  • イン・アウト両サイドから冷却風を積極的に取入れ、大幅に冷却性能が向上!
  • 熱倒れ現象に強く、耐ジャダー性も向上
  • 冷却が速く効率的なのでパッドが持ち合わせる本来の性能を十二分に発揮
  • ブレーキキャリパーやハブ等の他部品への熱害を軽減
ステージ ストリート、スポーツ走行、レース
防錆処理

※防錆コーティングは錆の発生を抑制するもので完全に阻止できるものではございません。
また、上記写真の左の仕様では、パッドの当たらない部分が錆びる場合があります。
鋳鉄製品である以上、完全防錆は不可能ですので万一錆が発生したとしてもクレーム・交換
などには応じかねますので予めご了承下さい。

DAVtype
DAVローター(逆ベンチローター)設定表
Part No. DAV設定車種 PD SD FP FS
設定の
有無
税抜定価 設定の
有無
税抜定価 設定の
有無
税抜定価 設定の
有無
税抜定価
3212031 スカイライン CPV35(ブレンボ) ・ フェアレディZ Z33(ブレンボ) × × ¥41,000 ¥47,000
3416001 ランサーEVOW CN9A ¥21,000 ¥27,000 ¥29,000 ¥35,000
3617003 インプレッサ GDB STi (A〜D型 ブレンボ) P.C.D 100 × × ¥34,000 ¥40,000
3617023 インプレッサ GDB STi /RA スペックC 17インチ(E型〜G型 ブレンボ)WRX VAB P.C.D 114.3 × × ¥34,000 ¥40,000
3617027 レガシィ BE/BH5 17インチ ・ インプレッサ GC8/GDB 4ポットキャリパー車 P.C.D 100 ¥22,000 ¥27,000 ¥29,000 ¥35,000
3617025 インプレッサ GDB RA スペックC 16インチ(E型〜G型) P.C.D 114.3 ¥21,000 ¥27,000 ¥29,000 ¥35,000

※品番3617027については上記以外の車輌でも弊社品番3617001を装着する車輌であれば適合致します。但し、ブレーキパッド品番361110を使う車輌には装着は出来ません。主な車輌は次の通りです。
SG5フォレスター ターボ、BE5レガシィセダン RSKリミテッドUスポーツシフト車(D型)、BL5レガシィセダン 2.0R、BP5レガシィワゴン 2.0GTカスタマイズ(A型)、BP5レガシィワゴン 2.0GTリミテッドII (C型、16インチ)、BPEアウトバック 2.5R、 BP9アウトバック 3.0R

冷却性能とゆがみについて

デュアル・アクティブ・ベンチレーションを採用することにより、
一般的なベンチレーテッドローターに比べて冷却性能と耐ジャダー性が大幅に向上

冷却風がハット内部からしか抜けない一般的なベンチレーテッドローターに対して、DAVローターはハット内部のみならず外側からも冷却風を取り入れる構造で、大幅に冷却性能が向上します。 又、ジャダーの原因となる熱倒れ現象に対してもDAVローターは、一般的なベンチレーテッドローターと比較してハット部分が大きく確保でき、摺動面の熱倒れ量が減少され、よりジャダーが発生しにくくなります。

■ 一般的なベンチレーテッドローターの場合

一般的なベンチレーテッドローターの場合

※ハット内部からのみローター外側へ冷却風が流れる。

■ DAVローターの場合

DAVローターの場合

※ハット内部からはもちろんハットの外側からも冷却風を取り入れる。

ローターを正面から見比べた場合※形状は一部品番により異なります。
  • 正面から見比べた場合
  • 一般的なベンチレーテッドローターの場合
  • ローターのゆがみ量はディスク面の幅(A)とハット部の外径(B)の割合によって比例します。
    通常のベンチレーテッドタイプはハット部の外径(B)が小さくディスク面(A)の幅が大きいため外周先端部でのゆがみ量が大きくなるのに対し、DAVローターはハット部が通常タイプと比較して大きくとられているので同じ角度で熱倒れやゆがみが発生しても外周先端部でのゆがみ量は通常のベンチレーテッドタイプローターより少なくなります。
    また、またDAVローターは、ローター加熱時の倒れ方向がペダルタッチへの影響が少ない車体内側方向であるのが特徴です。
    (ノーマルタイプは車体外側に倒れ、ジャダーが発生し易い)。

冷却性能テストデータ
  • DAVの冷却性能をテストしました。テストは、慣らし走行を終えた後、150km/hからの急制動を8回繰り返しその直後に温度を測定。
    そのまま約400mのクーリング走行(80km/h)をし、その直後に再度、温度を測定。
    DAVローターを装着した場合、ローター部・キャリパー部ともに冷却性能に優れていることが証明されました。
  •   ノーマルSDローター DAV SDローター
    ローター温度 553℃→396℃ 542℃→368℃
    キャリパー温度 185℃→164℃ 163℃→144℃

※このテストは、クローズドされたテストコースにてレーシングドライバーがドライブするBE5レガシィB4により計測されたデータです。

バランス切り替え

バランス切削

ディスクローターを回転させた時に重量偏差があると振動を引き起こします。
その振動防止のために、ディスクローターの側面を切削してバランス調整を行っています。
これは純正ノーマルディスクでも採用されている手法です。

ページの先頭へ