• Home
  • ブレーキパッドのECとESタイプの違い

ブレーキパッド/シュー

EC(EXTRA Cruise) ES(EXTRA Speed)の違い

コストパフォーマンスに優れたブレーキパッドとして、幅広いご支持を頂いている「EC」と「ES」。同価格ですが、ECとESには “違い” があります。
EC SPEC ES
NAO(ノンアスベストオーガニック材) 材質 NAO(ノンアスベストオーガニック材)
0〜450℃ 適正温度 0〜600℃
フロント:¥8,000〜(軽自動車品番は¥6,000〜)
リヤ:¥6,000〜
価格 フロント:¥8,000〜(軽自動車品番は¥6,000〜)
リヤ:¥6,000〜
日本車のみ 設定 日本車、輸入車のスポーツ系車輌
快適性能 スポーツ性能 ダストの少なさ 耐フェード性の高さ 制動力 コントロール性の高さ

※ノーマルパッドの性能値を「50」とし弊社製品を100段階評価したものです。
なお、国産車の代表車種を平均化したものですので、この数値に当てはまらない場合もございます。

※上記数値はあくまでテスト条件下での評価値です。
鳴き、ダストの比較条件は新品時評価ではなく、熱履歴後の摩耗が進行した時点にて評価しています。

EC SPEC ES
ノーマルパッドの効きが物足りない方   初めてスポーツパッドを試してみたい方
ストリートのみ使用される方   ハイウェイ、ワインディング、ミニサーキットで
スポーツ走行寄りの方
車検時のブレーキ交換でなるべくコストをかけたくない方   ジムカーナ、ダートトライアルに参加される方
  ダスト低減よりも制動力重視の方
EC SPEC ES
ECの上級グレードはMタイプ   ESの上級グレードはZタイプ
ECよりもさらにダストレス、制動性能をお求めの方には、
上級グレードのMタイプがお薦め!
  ハイパフォーマンスカーや、サーキット走行までを
視野に入れる方には、上級グレードのZタイプがお薦め!
ページの先頭へ