ブレーキパッド/シュー

Xtype
重量のあるミニバン/SUVに最適なパッド
  • ミニバン/SUV、大口径ホイール装着車輌など、重量のある車輌向けに開発
  • 踏力に応じてμが高まるビルドアップ型の効きと重厚感のあるペダルタッチ
  • 高い制動力ながらも非常に低いローター攻撃性
  • ノーマルキャリパーのままインチアップを楽しむドレスアップユーザーにはマストなアイテム
日本車用
税抜定価
フロント: ¥20,000〜
リ  ヤ: ¥18,000〜
輸入車用
税抜定価
フロント: ¥28,000〜
リ  ヤ: ¥28,000〜
材質 グラファイト・メタリック
適正温度 0〜700℃
ステージ
  • ストリート
  • ワインディング(ノーマル)
  • オフロード
※ワインディング(ノーマル)=通勤や買物等で、ワインディング路を通常走行される方

Xタイプはストリート、未舗装路専用です。サーキットでのご使用はできません。万が一、サーキットで使用し早期摩耗等を起こしたとしても、弊社では一切責任を負いかねますことを予めご了承ください。

Xtype
ブレーキパッドとブレーキローターは同時交換する方がいい?
Xtype グラフ
  • ノーマルパッドの性能値を「50」とし弊社製品を100段階評価したものです。
    なお、国産車の代表車種を平均化したものですので、この数値に当てはまらない場合もございます。
  • 上記数値はあくまでテスト条件での評価値です。鳴き、ダストの比較条件は新品時評価ではなく、熱履歴後の摩耗が進行した時点にて評価しています。
ダスト量
  • DIXCEL Mタイプダスト量
    (約1,000km走行時)
  • ■DIXCEL Xタイプダスト量
    (約1,000km走行時)
テストデータで見るXタイプとノーマルパッドの制動性能の違い

インチアップによる制動力の変化と重量車専用のXタイプとノーマルパッドの制動力の比較テストを行いました。

テスト車輌:
DIXCELデモカー(20系アルファード)
テスト形式:
一般道を想定した時速60km/hからのブレーキングと高速道を想定した時速80km/hからのブレーキングを以下の3パターンで5回ずつ行い、
最大/最小値を除く3数値の平均の制動距離を取るものとする。
パターン1:
ノーマルホイール(16インチ)とノーマルパッドの組合せ
パターン2:
社外ホイール(22インチ)とノーマルパッドの組合せ
パターン3:
社外ホイール(22インチ)とDIXCEL Xタイプの組合せ
■ 制動距離の比較
ノーマルパッドのままでのホイール インチアップは非常に危険!
制動力の低下を防ぐ為にも、インチアップしたらスポーツパッドへの交換がオススメ!
ページの先頭へ