ブレーキパッド/シュー

商品紹介/サーキットハードユース

SPECIAL COMPOUND SERIES 受注生産モデル
SPECIAL COMPOUND SERIES

CARBON METAL SERIES R53C
ナチュラルタイプ
GT3車輌をメインターゲットに開発
  • 高温、高負荷時の安定性に優れています
  • GT3車輌のように前後バランスがシビアな車輌においてはABSとのマッチングにも配慮
材質 カーボンセミメタル
初期μ 0.48
平均μ 0.44〜0.48
用途 SPRINT〜3H
主な適合はこちらへ
■μプロット
R23C
  • GT3車輌・スーパーGT(GT300)・アジアン・ル・マン・シリーズ
  • スーパー耐久・アマチュア耐久(4〜7時間)

CARBON METAL SERIES R39C
踏力タイプ
GT3車両のリヤパッドにベストマッチ
  • GT3車両に対応
  • ブレーキング初期の効きを確保しながら、踏み込んだ際のμ変化を抑制
    あらゆる乗り方のドライバーに幅広く対応
材質 カーボンセミメタル
初期μ 0.36
平均μ 0.32〜0.36
用途 SPRINT〜ENDURANCE for REAR
主な適合はこちらへ
■μプロット
R39C

CARBON METAL SERIES R23C
ナチュラルタイプ
効きと耐摩耗を高次元に融合
  • 高温・高負荷時に安定した効きを発生
  • 耐摩耗性に優れ、中〜長距離レースに適しています
  • RAに比べ2倍以上の耐摩耗性能
材質 カーボンセミメタル
初期μ 0.38
平均μ 0.30〜0.35
用途 ENDURANCE
主な適合はこちらへ
■μプロット
R23C
  • GT3車輌・スーパーGT(GT300)・アジアン・ル・マン・シリーズ
  • スーパー耐久・アマチュア耐久(4〜7時間)

SINTERED METAL SERIES R30S
踏力タイプ
更なる効きと耐久性のアップ
  • スーパー耐久レース実践にて開発
  • 非常に硬質なタッチが長時間持続し、安定性に優れています
  • スリットローターとの相性もよく、十分な耐摩耗を維持したまま効きの向上が図れます
材質 シンタードメタリック
初期μ 0.36
平均μ 0.32〜0.35
用途 ENDURANCE
主な適合はこちらへ
■μプロット
R30S
  • GT3車輌・スーパーGT(GT300)・アジアン・ル・マン・シリーズ
  • スーパー耐久(ST1/2/3/4クラス)・アマチュア耐久(4〜12時間)

SINTERED METAL SERIES R16S
踏力タイプ
抜群の耐摩耗と安定した効き
  • ドバイ24時間レースにて実戦使用
  • 超長距離レースにおいて無交換走行が可能なほど耐久性に優れたパッドです
材質 シンタードメタリック
初期μ 0.32
平均μ 0.26〜0.30
用途 ENDURANCE(24時間)
主な適合はこちらへ
■μプロット
R16S
μプロット
  • ■μプロット

    μプロットとは1回のブレーキング動作中の摩擦係数の変移を表したイメージグラフのこと。

    ナチュラルタイプ
    最も一般的な特性のパッド
    ほどよくブレーキング初期から効きを発揮し、
    後半では抜く動作によりアプローチの姿勢作りが可能
    車輌、サーキットを選ばずオールマイティ性が高い
    踏力タイプ
    効きレベルを踏力で積極的にコントロールすることが可能
    初期の張り付き感もなく、非常にコントローラブル
    安定性が高い為、車速、温度域に効きレベルが左右されにくい
  • μプロット
べディングについて

レース専用パッドは、本来の性能を発揮させるために、レースの前に予め熱を加え、当たり付けをする必要があります。この作業を「べディング」と呼びます。

《 べディング方法 》

ハードブレーキングを避けながら、ローター温度を500℃付近にまで上げて、パッドとローターの当たりを付けます。
当たりが付いたら走行を取りやめ、自然冷却にて100℃以下までローターを冷やします。以上でパッドの皮膜がローターに出来上がり、作業が完了となります。

  • ※一部品番にはバックプレートに「セラミックコーティング」を採用し、キャリパーピストンへの熱伝導を抑制しています。
  • ※これらパッドは本格的なレース使用を前提としてつくられております。パッドの特性はマシン、セッティング、キャリパー等のブレーキシステム、サーキット、ドライバーにより左右されます。パッドの選択も含めて弊社スタッフにご相談下さい。
ページの先頭へ