ブレーキパッド/シュー

商品紹介/サーキットハードユース

R01type
超低熱伝導レーシングパッド
  • 特徴的な低熱伝導性がブレーキコンポーネンツへの熱害を抑制
  • ドライバーが踏力により自在にコントロールが出来るフラットなミュー特性
  • レース材にもかかわらず、非常にマイルドなローター攻撃性
  • 焼結合金に近い製法により、高密度に摩擦材を成型(高い耐熱性と高強度を実現)
国産車用
税抜定価
フロント: ¥25,000〜
リ  ヤ: ¥23,000〜
輸入車用
税抜定価
フロント: ¥33,000〜
リ  ヤ: ¥33,000〜
材質 高密度グラファイト・メタリック
適正温度 200〜900℃
初期μ 0.48
平均μ 0.38〜0.43
ステージ N1レース、ターマックラリー、サーキット走行

※当タイプはサーキットハードユースを想定した商品です。高熱のダメージによりセンサー機能が働かなくなりますので、摩耗センサーは付属していません。

ストリートで使用するとパッド/ローターの異常摩耗、鳴き、ダスト、ダストによる錆等の弊害を発生させる恐れ があります。またサーキット走行といえど、適切な温度外での使用は本来の性能を発揮しないだけでなく、上記のような弊害を 発生させる可能性もありますので、ご注意下さい。

R01type

▼一部の品番/ロットではゴールドではなくブラック塗装の場合があります。カラーの指定は出来ませんので、予めご了承下さい。

ブラック塗装
ナチュラルタイプ

ナチュラルタイプ

ブレーキパッドとブレーキローターは同時交換する方がいい?
べディングについて

レース専用パッドは、本来の性能を発揮させるために、レースの前に予め熱を加え、当たり付けをする必要があります。この作業を「べディング」と呼びます。

《 べディング方法 》

ハードブレーキングを避けながら、ローター温度を500℃付近にまで上げて、パッドとローターの当たりを付けます。
当たりが付いたら走行を取りやめ、自然冷却にて100℃以下までローターを冷やします。以上でパッドの皮膜がローターに出来上がり、作業が完了となります。

  • ※一部品番にはバックプレートに「セラミックコーティング」を採用し、キャリパーピストンへの熱伝導を抑制しています。
  • ※これらパッドは本格的なレース使用を前提としてつくられております。パッドの特性はマシン、セッティング、キャリパー等のブレーキシステム、サーキット、ドライバーにより左右されます。パッドの選択も含めて弊社スタッフにご相談下さい。
ページの先頭へ