ブレーキパッド/シュー

商品紹介/サーキットハードユース

R01type
超低熱伝導レーシングパッド
  • 特徴的な低熱伝導性がブレーキコンポーネンツへの熱害を抑制
  • ドライバーが踏力により自在にコントロールが出来るフラットなミュー特性
  • レース材にもかかわらず、非常にマイルドなローター攻撃性
  • 焼結合金に近い製法により、高密度に摩擦材を成型(高い耐熱性と高強度を実現)
国産車用
税抜定価
フロント: ¥25,000〜
リ  ヤ: ¥23,000〜
輸入車用
税抜定価
フロント: ¥33,000〜
リ  ヤ: ¥33,000〜
材質 HD (High Density) グラファイト・メタリック
適正温度 200〜900℃
初期μ 0.48
平均μ 0.38〜0.43
ステージ N1レース、ターマックラリー、サーキット走行

ストリートで使用するとパッド/ローターの異常摩耗、鳴き、ダスト、ダストによる錆等の弊害を発生させる恐れ があります。またサーキット走行といえど、適切な温度外での使用は本来の性能を発揮しないだけでなく、上記のような弊害を 発生させる可能性もありますので、ご注意下さい。

R01type
ブレーキパッドとブレーキローターは同時交換する方がいい?
インテグラ(DC5)ワンメイクレース参戦車輌キャリパー比較(ツインリンクもてぎ)
  • 他社製品装着車輌■ 他社製品装着車輌(キャリパー温度 250℃)
    赤色から黒っぽく変色。
    キャリパーが開いてくるので2〜3レースに1回交換必要
  • 弊社R01装着車輌■ 弊社R01装着車輌(キャリパー温度 190℃)
    鮮明な赤色のまま変色しない
    1シーズン、キャリパー交換不要
サーキットテスト
サーキットテスト

以上のデータよりR01は他社2材より平均して高い摩擦係数を発揮している。またそれが周回を重ねても垂れ難い。
他社F材はR01と比較的近い効きを発生しているが、パッド温度がR01と比較して100℃以上高い。R01は、低い発熱で高い摩擦係数を発生させているので、ブレーキコンポーネント(キャリパーなど)に対して非常に優しく各部品を長持ちさせる特性を有しております。

■ Bコーナー初期(μ)

Bコーナー初期(μ)

※NRSシステムはカナダNUCAP社の特許です。
※減速度(G):1Gの減速とは1秒間に約35km/hずつ減速していく度合いを表します。
=かなり強いブレーキングです。

■ 温度推移

温度推移

■ 平均摩擦係数安定率:1LAP目と30LAP目の制動力を比較
R01 他社E材 他社F材
96% 88% 86%
テスト車両 インテグラ タイプR DC5 レース仕様
タイヤ スリックタイヤ
平均ラップタイム 1分45秒
条件 10 LAP × 3本
■ ラップ別主要コーナー3箇所での摩擦係数を5周毎に抜粋
■ 1-A:1周目のAコーナーでの摩擦係数
■ 初期(μ)安定率:1LAP目と30LAP目の制動力を比較
R01 他社E材 他社F材
88% 80% 86%

以上のデータよりR01は他社2材より平均して高い摩擦係数を発揮している。またそれが周回を重ねても垂れ難い。 他社F材はR01と比較的近い効きを発生しているが、パッド温度がR01と比較して100℃以上高い。R01は、低い発熱で高い摩擦係数を発生させ ているので、ブレーキコンポーネント(キャリパーなど)に対して非常に優しく各部品を長持ちさせる特性を有しております。

ページの先頭へ